母子家庭がもらえる手当とは?養育費について。子育てにかかる費用などシングルマザーの悩みをまとめました!

2人の子供を育てるシングルマザー

無職の元旦那に養育費は請求できる!?

無職の元旦那に養育費を請求したい

ココがおすすめ

養育費を請求したいけど、元旦那は無職です。でも株などで不労所得はあるようです。そのような場合でも養育費は請求できるの?
元夫が無職でも、不労所得がある場合は、収入がないことにはならないために養育費支払いの請求は可能です!

養育費算定表によると、養育費支払い義務者が無職の場合の養育費の相場は、月々0~1万円となっているため、養育費を請求するのは難しいです。
相手に収入がなければ、そもそも支払いの元手となるお金がないので、養育費請求のハードルはかなり高くなります。
しかし、元夫が無職でも、不労所得で株の配当や家賃収入がある場合や不動産や高額な預貯金といった高額な資産がある場合であれば、その資産からの養育費支払いを請求できる可能性もあります!

養育費請求を諦めないで下さい!

養育費をもらってないシングルマザーの人はたくさんいます。
でももらっていないことが当たり前だと思わないで下さい。
元旦那さんと連絡を取り合いたくないのなら、弁護士さんに任せましょう。
16年ぶりの法改正により、養育費が請求しやすくなりました。
今まで諦めていた養育費がもらえるかもしれないんです!

どこが変わったの?

今までは養育費を払ってもらいたい人は、元配偶者の財産を差し押さえようとしても、どんな財産があるのかが分からなければ差押え手続きに進めませんでした。
裁判所に申し立てすれば、元配偶者に財産を開示させる手続きはありましたが、元配偶者が応じない場合の罰則が0万円以下の過料と軽かったため、無視してる人が大半でした。
過料というのは行政罰の一種で、刑事罰ではないので罰せられても前科はつきません。

しかし法改正により、この罰則が強化され、6か月以上の懲役または50万円以下の罰金という刑事罰に変更されています。
そのため、財産開示に適切に応じないと前科がつく可能性があるということです。
法改正で養育費がとれやすくなった理由。

2020年の4月に法改正があったのを知っていますか? この法改正はシングルマザーに方に大きく関わりのある法改正なんです! ココがおすすめ 着手金0円!相談料無料! 養育費に悩んでるならこちらで相談して ...

元旦那と連絡取り合わずに養育費を請求するには?

「元旦那の声をもう聞きたくない!」「元旦那の連絡先を知らないからどうしようもない」そんな方たちにおすすめなのが、コチラです。
弁護士さんが代理人となり、元配偶者と交渉を行ってくれますので、元旦那と連絡を取り合う必要がなくなります。

弁護士事務所をすすめる理由!

  • 着手金・相談料無料
  • 養育費を回収時に初めて成功報酬が発生
  • 土日・休日でも直接弁護士と連絡可能(LINEもOK!)

全国対応!養育費の無料相談受付中!

着手金・相談料無料だとまとまった資金をすぐに用意する必要もなく、とっても助かります!
平日はフルタイムで働いてるシングルマザーが多いと思うので、土日に連絡がつける弁護士さんだと安心して相談できますよね☆

養育費を払わないクズすぎる元旦那からお金を回収する方法!!

クズな男が多いんです、、 養育費をもらっていないことを諦めてませんか? コチラなら未払い分の養育費について無料で相談できます! 全国どこからでも相談可能ですので、元旦那にしっかり請求しましょう! 私の ...

Copyright© 2人の子供を育てるシングルマザー , 2021 All Rights Reserved.