母子家庭がもらえる手当とは?養育費について。子育てにかかる費用などシングルマザーの悩みをまとめました!

2人の子供を育てるシングルマザー

養育費の相場はいくら?

養育費の金額について

養育費の金額は協議離婚であれば、夫婦での話し合いで金額が決まります。
夫婦間の話し合いで金額が決まらなければ、最終的には家庭裁判所が金額を決定することになります。
夫婦の経済状況や子供の有無などを、家庭裁判所が総合的に判断して、金額を決定します。
子供の人数や年齢、夫婦双方の年収、自営業者か給与所得者かどうかが分かれば、養育費の目安を算定可能です。

夫の年収500万円、妻が専業主婦で収入0円の場合・子供(0歳~14歳)

子供1人・・・4〜6万円
子供2人・・・8〜10万円
子供3人・・・8〜10万円

夫の年収450万円、妻の年収100万円の場合・子供(0歳〜14歳)

子供1人・・・4〜6万円
子供2人・・・6〜8万円
子供3人・・・6〜8万円

一般的な相場ですと3~6万円位の支払いが多いようです。

養育費をもらえていない現実


養育費を支払うのは非監護親の義務です。
ところが、「お金がない」「支払いたくない」など、自分勝手な理由で養育費の支払いから逃げてる人がたくさんいます。
そのせいで世の中のシングルマザーの約半分以上の人が、養育費をもらえず、泣き寝入りしている状態です。

法改正により「第三者からの情報取得手続」という手続が新設されました!
そのため、養育費を支払う義務がある元夫の銀行口座や、勤務先(給与支払者)に関する情報について、裁判所に対して必要な手続きを取れば、裁判所から銀行や市町村、年金事務所に対し、情報提供を命じることが可能になったのです。
簡単に言いいますと16年ぶりの民事執行法の改正により、今までよりも給与や財産を差押えやすくなったため、養育費を請求しやすくなったということです!

法改正で養育費がとれやすくなった理由。

2020年の4月に法改正があったのを知っていますか? この法改正はシングルマザーに方に大きく関わりのある法改正なんです! ココがおすすめ 着手金0円!相談料無料! 養育費に悩んでるならこちらで相談して ...

養育費請求するなら弁護士事務所に頼もう!

 

コチラの弁護士事務所なら相談料無料、着手金無料でお願いできるので、最初にお金が用意できない人でもちゃんとした弁護士さんお願いすることができます!

相手に養育費を請求できて、入金されてから、弁護士さんに成功報酬を支払う形になりますので、安心して利用できますよ☆

おすすめポイント!

  • 着手金・相談料無料
  • 養育費を回収時に初めて成功報酬が発生
  • 土日・休日でも直接弁護士と連絡可能(LINEもOK!)

通常、多くの弁護士は平日しか連絡を取る事が出来ませんが、コチラの弁護士事務所ですと、土日も対応しておりますので、連絡を取りやすいです!
しかも着手金をとる弁護士事務所がほとんどかと思いますが、民事執行法の改正により、未払い養育費の問題が非常に解決しやすくなったことで、多くのお客様にご利用いただけるように未払い養育費代理請求.comでは着手金0円(無料)となっているようです!

弁護士さんが味方についてくれると心強いですよね!

 

Copyright© 2人の子供を育てるシングルマザー , 2021 All Rights Reserved.