母子家庭がもらえる手当とは?養育費について。子育てにかかる費用などシングルマザーの悩みをまとめました!

2人の子供を育てるシングルマザー

再婚したら養育費がもらえなくなる?

再婚しても養育費はもらえる?

養育費で悩んでいるなら...

再婚すると経済的にも精神的にも生活は楽になるものの、今受け取っている養育費が減額されるのでは?と不安に思う方もいるかと思います。
結論から言いますと、それは間違いです!
養育費は、再婚したからといって必ず減額されるわけではありません。
状況によっては減額されないケースもあります。
養育費は子供の権利です。
再婚相手と子供が養子縁組したかどうかで養育費の支払い義務が変わってきます。

再婚して養子縁組した場合

子どもが再婚相手と養子縁組をした場合には、再婚相手が養親として子どもの親権者となり、子どもに対して扶養義務を負うことになりますので、元旦那さんは養育費の減免又は打ち切りも申請することができ、事実上養育費を支払わなくてもよくなります。
つまり元旦那さんに養育費を求めることが基本的にできなくなるということです。

再婚相手と連れ子が養親縁組をした場合、再婚相手と連れ子の間には親子関係が成立しますので、連れ子と再婚相手は戸籍が同じになり、同じ苗字を名乗ることが出来ます。
また、養子縁組は法律上位置付けがほとんど実子と同じようになるため、再婚相手が亡くなってしまった場合でも養子に遺産相続の権利が生じます。
連れ子再婚の場合は普通養子縁組であることが多いため、再婚相手の相続だけではなく実親の相続権もあります。
ですが、実親が再婚し子供がいた場合は、相続で揉めてしまうことが多いようですので、これがデメリットになる場合もありますので注意が必要です。

養育費請求について相談する!

再婚して養子縁組していない場合

子どもが再婚相手と養子縁組してない場合は、再婚相手は子どもの親権者となるわけではありませんし、子どもに対する扶養義務も発生しませんので、再婚相手が子どもの養育費を負担する義務はありません。
そのため、子供の父親である元旦那さんが養育費を払い続けなければいけません。
法改正で養育費がとれやすくなった理由。

2020年の4月に法改正があったのを知っていますか? この法改正はシングルマザーに方に大きく関わりのある法改正なんです! ココがおすすめ 着手金0円!相談料無料! 養育費に悩んでるならこちらで相談して ...

再婚してることを元夫に隠す

養育費を貰い続けるために再婚したことを元配偶者に隠してる人もいます。
再婚したことや再婚相手と子供が養子縁組したことを隠していた場合には、元配偶者が余分に払い過ぎたと思われる金額を返還を求めてくる場合もありますので、隠したりせずしっかり報告しましょう。

しかし中には"再婚したからもうはらわなくていいやー"
"新しい旦那がいるんだから、俺が払う必要はないだろう”

と養育費の支払いを拒んだり、支払いをいきなり辞める人も多くいます。
養子縁組をしていない限り、養育費の支払い義務は元配偶者にあります。
きっちり支払ってもらいましょう!!

Copyright© 2人の子供を育てるシングルマザー , 2021 All Rights Reserved.