母子家庭がもらえる手当とは?養育費について。子育てにかかる費用などシングルマザーの悩みをまとめました!

2人の子供を育てるシングルマザー

児童扶養手当に養育費の嘘の申告をする人がいるって本当!?

児童扶養手当の手続き


養育費をもらえなくて諦めていませんか?
コチラなら未払いの養育費を回収できます!
電話でもLINEでもやり取りできますので全国どこからでも相談可能です。

児童扶養手当とは父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当のことをいいます。
この手当はひとり親世帯が対象となっています。扶養人数や年収によって細かく支給額が計算されます。

児童扶養手当は、手当を受けたいと思っている人が、自分の住む市区町村に請求することによって支給が開始されます。
手当の受給資格があるかどうか、都道府県または市が審査を行ない、支給の可否を決定します。

支給が決定になった場合、2ヵ月に1回、全部で年6回に分けて支給されます。
支給は一般的には受給者が指定する金融機関の口座への振り込まれます。
また、児童の数が増減したときには届け出をする必要がありますし、年に1回8月には児童の養育状況や前年の所得を確認するための現況届と呼ばれる届出をする必要があるようです。

養育費の無料相談はコチラ!

養育費と児童扶養手当の関係

ママ友に養育費もらってると、児童扶養手当は満額もらえないんだよって言われました。児童扶養手当をもらうのに養育費は関係あるのですか?

養育費を受け取っていることによって児童扶養手当が減額される場合があります。児童扶養手当は、所得が一定の金額を下回ることが受給条件としてあります。親の所得に対して養育費の8割を足した金額で計算されますので、養育費の金額によっては一部のみ支給や支給不可と判断されることがあるようです。

全額支給となった場合、月額43,160円を受け取ることができます。
養育する児童の数が2名以上の場合は、2人目は10,100円が加算され、3人目以降は6,100円加算されます。

しかし、この児童扶養手当を満額もらうために本当はもらってる養育費を隠そうとしている人がいるのです。

養育費はもらわない方がいいって本当?

養育費はもらわない方がいい理由とは。 もらわなくていい養育費なんてありません! コチラなら養育費について無料で相談できます! しっかり元旦那に請求しましょう!! 友人から養育費はもらわない方がいいって ...

養育費を貰っているのに嘘の申告したらどうなる?

養育費を口座に入金してもらってる人は、通帳を見られたらもらっていることがばれてしまうため、手渡しで受け取るように変更して、養育費を貰ってるという事実を隠そうとする人もるようです。
そして児童扶養手当の手続きや現況届を出すときに養育費の申告をせずに、満額もらうのです。
でもこれは明らかに不正ですよね。

職員との面談や訪問の後、不正受給であると認定された場合、不正だと認定された期間中に受け取った児童扶養手当の返還命令がでます。
もらった手当を返さなければいけなくなります。
実際に養育費を貰えていない人は満額もらう権利がありますが、養育費ももらって、児童扶養手当ももらってるとなると、ずるいですよね。

他にも同居男性がいたのに母子家庭と偽り、児童扶養手当を詐取したとして逮捕された人もいるようです。
交際してる人がいて、頻繁に家に呼んでいる人や同棲してる人は、近所の人からの通報でバレてしまう可能性が高いですので、不正受給はやめた方がいいかと思います。

児童扶養手当を申し込む際の注意点

児童扶養手当は遡って請求することができません。
離婚したらすぐ申請してください!
たとえば、離婚してから1年後に申請した場合、どんな理由であっても支給を受けられるのは申請した翌月以降の分からになります。
1年分損しちゃいますよね。。
なので、申請を忘れないようにしてくださいね!

養育費は遡って、未払い分も請求することができます!
未払い分の請求は養育費保証サービスではできないようです。
しかしコチラなら回収することが可能です!
不払いの養育費は請求できます!

途中から振り込まれなくなった養育費   養育費がもらえなくてお困りの方諦めないでください! 元旦那と連絡を取り合う必要もありません! 今までの未払い分の養育費もぜーんぶ回収しましょう! 離婚 ...

Copyright© 2人の子供を育てるシングルマザー , 2021 All Rights Reserved.