母子家庭がもらえる手当とは?養育費について。子育てにかかる費用などシングルマザーの悩みをまとめました!

2人の子供を育てるシングルマザー

過去の未払い分の養育費も請求できるって本当?

過去の未払い分の養育費も遡って請求できる?

離婚してから数年経ってから、養育費を請求した場合、もらっていなかった過去の分も養育費がもらえるのか気になりますよね。
子供のための養育費。
もらっていなかった過去数年分もきっちり払ってほしいですよね。

養育費は遡って、未払い分も請求することができます!
未払い分の請求は養育費保証サービスではできませんが、養育費に特化した弁護士事務所だけが回収することが可能なのです!

養育費保証サービスと弁護士に依頼する違いは?

養育費保証サービスについて 養育費は遡って、未払い分も請求することができます! 未払い分の請求は養育費保証サービスではできません。 養育費に特化した弁護士事務所だけが回収することが可能なのです! ちょ ...

こんな悩みはありませんか?

  • 給料が下がったから養育費が払えなくなったと言われた
  • 元旦那の行方が分からず連絡先も知らない
  • 連絡先は分かるけど、元旦那と会話したくない
こういったお悩みはよくあるんです。
養育費請求するのってちょっとめんどくさそうでなかなか最初の一歩が踏み出せないんですよね。
そういう時は無料相談を利用するのがおすすめです!

必見信頼できる養育費の無料相談はコチラ!

養育費には時効もあるので注意!

養育費の支払いにも時効がありますので、注意が必要です。
当事者間の協議離婚合意書に定める場合と、離婚公正証書にする場合の時効期間は5年となっているようです
離婚調停や養育費調停・審判、離婚訴訟などの裁判所の手続きによって養育費が決定された場合、確定判決で認められる時効期間が適用され、時効期間は10年となっているようです。
つまり、調停や審判、訴訟によって養育費が定められた場合、不払い状態になってから10年間、支払い義務は時効消滅しないということになります。
5年や10年という時効期間は、あくまでも取り決めに対する時効であり、子どもの親である以上、たとえ親権者でなかったとしても親子関係は継続し、養育費が発生するのは当然です。
養育費の取り決めをしていなかった場合は、そもそも時効自体が存在しませんので、離婚するときにしっかり決めておく必要があります!

不払いの養育費は請求できます!

途中から振り込まれなくなった養育費   養育費がもらえなくてお困りの方諦めないでください! 元旦那と連絡を取り合う必要もありません! 今までの未払い分の養育費もぜーんぶ回収しましょう! 離婚 ...

Copyright© 2人の子供を育てるシングルマザー , 2021 All Rights Reserved.